クラス案内・カリキュラム

クラス案内・カリキュラム 学習の流れの図


科目名 内容
日本語 (1)文法 基礎の文型から積み上げます。初級の段階からでも実生活の中でも多用できるように、日本に住む外国人にとって身近な場面設定で文型導入を行います。学習した文型は問題集や小テスト、またそれらのフィードバックをすることでより理解を深めることができます。
(2)文字・語彙 初心者にはひらがななど基礎の文字の書き方から、丁寧に指導します。また多くの学生の日本語学習にとって大きな障害となる漢字学習も初級の段階から始め、読みと書きを並行して鍛えることができます。また、絵教材や生教材を活用し、視覚からの働き掛けを十分に活かした学習形式で語彙量を効率よく増やすことができます。
(3)聴解 教師の発話を聞きとって書かせるディクテーション活動や、学習文型に沿った聴解問題に挑戦します。聴解問題は音声教材を使うことによって、教員の生の発話を聞きとる練習だけでなく、スピーカーなどの機械を通した音(電話や、駅のアナウンスなど)を聞く練習にもなります。
(4)読解 初級の段階からある程度のまとまった文が読めるように練習します。また読んだ文の感想や、自身の意見の発表など、そこからの活動を重視しています。初級を終える段階には、読解活動から広げられる様々な言語活動の基礎が固められます。
(5)会話 メインテキストの練習活動の中でも多く会話活動を取り入れることで、常に他者とのコミュニケーションを意識することができます。活動は単純なQ&Aの活動だけでなく、必要な情報を聞き出す練習、共同してスケジュールを組む練習など、多岐にわたります。
(6)作文 自国を紹介する作文から、自分の目標をテーマにしたスピーチ原稿まで、様々な形に対応して、まとまった文がかけるように練習します。

 

クラス案内

日本語学習の入門レベルです。後にJLPTの取得を目指しているみなさんや、日本での進学を夢見ているみなさんにとって必要不可欠な日本語の基礎を築きます。後の中級、上級の学習に繋がる入口として機能します。



科目名 内容
日本語 (1)文法 一つ一つの文型の接続ルールや意味を単体で扱うのではなく、総合教材で学んだ文型・表現がどのような形で文章として使われるのかを理解し、学んだことを有機的に習得することを目指します。
(2)文字 漢字の基本的なルールにふれながら習得を目指します。
(3)語彙 総合教材に出てくる語彙を中心に習得し、動詞の自他・各言葉の性質を整理しながら、文脈の中での応用力を身につけることを目指します。また、日本語として不可欠となったカタカナ語の習得も目指します。
(4)聴解 聞き取りのポイントを押さえた細部を聞き取る練習と大意を聞き取る練習をします。
(5)読解 総合教材から、日本の習慣や文化、身近な問題などを読み、読解の基礎となる能力を身につけることを目指します。
(6)音読 中級では、学習した内容がすらすら読めることを目標にして音読を行います。
中級1(前半)では、時間制限を設けてナチュラルスピードを目標に、中級2(後半)では、抑揚など速さだけでなくより自然な音読ができる練習を行います。
(7)会話 中級1(前半)では、「説明・質問をする・付け加える」などをテーマとして、会話力を促す練習をします。
中級2(後半)では、ペアまたはグループでの会話練習を行います。
(8)作文 総合教材から学んだことを題材に、中級1(前半)では300文字以上を目標、中級2(後半)では字数だけではなく、テーマを与えて自分の考えや意見を書く練習をします。
(9)演習 各期において実施される日本語能力試験(JLPT)のN2、日本留学試験(EJU)の対策を適宜行います。

 

クラス案内

初級を修了した学習者を対象に日常会話・N2レベルを理解し話せるようになることを目指すクラスです。また、上級への橋渡しとして長文理解・作文の基礎力を身につけていきます。



科目名 内容
日本語 (1)文法 N1レベルの文法をきっちりと理解していきます。意味や使い方だけではなく、実際にどのような状況で使われる文型なのかも学びます。
(2)語彙 N1レベルの語彙を中心に学びます。覚えるだけになりがちな語彙ですが、アウトプットする機会を増やすことで、定着を図ります。
(3)聴解 会話の聴解を中心に、ネイティブスピードでもしっかりと聞き取れるように訓練します。
(4)会話 場面に応じて、日本語独特の言い回し、相づちなどを学びます。日常生活でも使えるよう、ひいては大学受験等の面接練習につなげていけるよう指導していきます。
(5)作文 作文を書く際の、構成が定着するよう指導します。身近なものから、留学試験の記述問題にも対応できるような幅広いテーマで書くことで記述力をつけていきます。
(6)演習 留学試験対策、および日本語能力試験(JLPT)のN1対策を主に行います。問題を数多くこなすことで、問題形式や時間配分を把握することも目指します。

 

中級(能力試験N2)の勉強が一通り済み、さらにステップアップを考えている人が日本語の運用力を高めるために学習するクラスです。みなさん1人1人が自立して学習していけるよう、自分には何が足りないのか、どんな勉強が必要なのかが気づけるよう指導していきます。様々なジャンルの読み物に目を通し、視野を広げていくことも目指します。インプットが中心になりがちで、なかなか習熟度などがしっかりと自分自身で感じられにくいレベルですが、アウトプットも積極的に行うことで、皆さん自身の上達度を自らが感じられるよう支援していきます。



科目名 内容
(1)日本語 上級~超級の日本語を学ぶ。総合的な日本語力を身につけるだけでなく、学んだことを運用できる力をつけます。
(2)能力試験対策 日本語能力試験N1合格を目指して、数多くのパターン練習をこなします。問題形式に慣れることでコツを覚え、高得点取得を目指します。
(3)作文 テーマに関連した語句・言い回しを使って自分の考えを正確に記述できる力をつけます。
(4)会話 普段の生活の中で必要となる会話表現だけでなく、自分の考えや感想などきちんと伝える技術と表現力を習得します。また、話し方だけでなく聞き方も学び、本当のコミュニケーション能力を身につけます。
(5)時事関係 作文を書く際の、構成が定着するよう指導します。身近なものから、留学試験の記述問題にも対応できるような幅広いテーマで書くことで記述力をつけていきます。
(6)文化事情 留学試験対策、および日本語能力試験(JLPT)のN1対策を主に行います。問題を数多くこなすことで、問題形式や時間配分を把握することも目指します。

 

上級まで学んだ日本語を実情に合わせて運用する力を養成します。特に会話の授業では今までの会話表現を応用した話し方、スムーズに会話をやり取りする上で聞き手の姿勢も含めたコミュニケーション能力を習得します。また、日本語だけでなく文化事情を含め総合的に日本を学ぶクラスです。



ビジネスクラス

科目名 内容
(1)日本語 上級~超級レベルの日本語を学びます。通常の生活シーンだけでなく、会社内外での人とやり取りする際に必要となる表現、言い回しなどワンランク上の日本語を目指します。
(2)BJT対策 BJT(ビジネス日本語能力テスト)の試験対策をします。BJT試験はビジネス日本語能力を計る指標として利用する企業も増えてきており、ビジネスクラスでは就職を有利に進めるためにも積極的に受験するよう指導しています。
(3)ビジネス会話 ビジネスシーンで必要な会話を習得し、ビジネスを円滑に進められるよう語彙力や文法力だけでなく、日本人と同等の総合的なコミュニケーション能力を学びます。口頭練習とロールプレイを効率よく行い、短期間で実践力を身につけます。
(4)ビジネスメール 普段の生活の中で必要となる会話表現だけでなく、自分の考えや感想などきちんと伝える技術と表現力を習得します。また、話し方だけでなく聞き方も学び、本当のコミュニケーション能力を身につけます。
(5)ビジネスマナー 日本で就職する上で知っておかなければならない日本の一般的なマナーからビジネスマナーに至るまで幅広くマナーの習得を目指します。
(6)就職ゼミナール 日本での就職までの順序を説明します。そして、エントリーから面接試験まで細かく指導することによって、就職内定を勝ち取れるよう指導します。

 

ビジネスクラスは日本国内外の企業への就職を目標としたクラスです。各授業を通して、即実戦で使える日本語能力を養います。また、ユーティリティーな人材となるべく、日本社会への理解を深め、円滑に業務を行える日本語力とビジネスマナーを身につけます。求人情報の収集や企業の採用面接対策など、自立して活動できることを目指します。

J国際学院は、ビジネス日本語の授業に十分な実績と評価を有する日本語教育機関として、「日本語教育振興協会」が定める「日振協ビジネス日本語準拠プログラム登録事業パイロット校」に指定されています。詳しくは、こちらをご覧ください。



特別進学クラス

科目名 内容
(1)日本語 上級~超級レベルの日本語、大学生活やキャンパスでの人間関係を築いていくために必要な、アカデミック・ジャパニーズを学びます。また、日本語での講義を聴いて理解してノートが取れるように、講義やノートテイキングの練習もします。
(2)留学試験対策演習 日本留学試験の日本語科目を実践形式で練習します。出題形式ごとに練習することによって、留学試験で高得点取得を目指します。
(3)記述・小論文指導 日本留学試験の記述で高得点が狙える書き方をポイントを絞って指導します。また、大学入試のための論文や志望理由書の書き方の指導を行います。
(4)会話 大学への問い合わせ、面接対策など大学進学に向けて必要となる会話のやり取りを勉強します。敬語表現や意思表現など会話のポイントを的確に学びます。
(5)時事読解 ニュースや新聞記事などを利用して時事内容を理解していきます。また、時事内容の背景などを考え、学生同士意見・感想など話し合いをします。自分の考えをまとめ、発言できる力を養います。
(6)進学ゼミナール 授業を通して学生が自ら率先して行動する行動力、情報収集能力の養成、また大学とのやり取りやマナーなど、進学準備を自立的に進められるよう指導します。また、ノートの取り方やレポートの書き方など大学に入ってから必要となるスキルも学びます。

 

国立大学・有名私立大学進学を目指して、学習するクラスです。大学進学に必要となる日本留学試験の読解・聴解・聴読解・記述の各科目を対策演習を通じて高得点が狙えるよう授業内で学習します。また、小論文指導や面接試験対策などの授業により、受験に必要な日本語力とそれらを下支えする語彙力と論理的思考力を養います。留学試験前には模擬試験を実施し、本番で最大限の力が出せる練習をするなど、きめ細かい指導を行います。また、受験対策だけでなく、大学進学後どの専攻でも必要とされる「ノートの取り方」「レポート作成」「資料の調べ方」などのスキルや思考力を養います。



大学院クラス

科目名 内容
(1)日本語 上級~超級レベルの日本語、大学生活やキャンパスでの人間関係を築いていくために必要な、アカデミック・ジャパニーズを学びます。また、日本語での講義を聴いて理解してノートが取れるように、講義聴解やノートテイキングの練習もします。
(2)院試対策英語 大学院では英語の論文を読みこなす力も求められます。ここでは大学院入試対策として英論文の和訳を学びます。
(3)論文指導 研究計画書の骨子づくりから作成まで、要約の練習も含め、大学院で必要となる論文やレポートが書けるように指導します。
(4)会話 面接対策と併せて指導教授との意見交換がスムーズにできるよう指導します。また、プレゼンなどの一方向型の発表練習もします。
(5)文化・時事 大学院では幅広い視野を持った論理的思考力、そして日本の習慣や文化を理解しながら円滑な人間関係を構築していく力が必要となります。それらをマナーも含め、ニュースや新聞などの時事に触れながら学びます。
(6)進学ゼミナール 大学院は研究するところです。自分の目的にあった研究テーマを決め、指導教授を探し、自らアプローチしていく行動力が必要です。情報収集能力の養成、教授とのアポイントのとり方やマナーなど、進学準備を自立的に進められるよう指導します。

 

母国で学んだ専門知識を日本でもっと深めたいという皆さんが、大学院進学を目指して学習するクラスです。大学院で研究を深めていくためには、知識だけではなく、進路活動を自立的に進めていく行動力と、幅広い視野を持ち、教授や日本人研究生とよりよい人間関係を築いていくコミュニケーション力が欠かせません。このクラスでは、大学院で必要とされる日本語学習に加え、実際に大学の先生から研究計画書のアドバイスをもらったり、講義を聴いたりする授業もあり、より実践的な内容で皆さんの学びを支援していきます。


電話番号06-6532-7480 お問い合わせはこちら
ページトップへ