クラス案内-マスタークラス


「外国人の上手な日本語」を「日本人の自然な日本語」に引き上げるためのクラスです。
正確に日本語が使えるだけでなく、日本人のように適切に流暢に日本語が使えるようになることと、日本人の感覚を理解することを目指します。
日本人を招いてディスカッションをしたり、テーマを決めてフィールドワークしたりするなどの実践的な授業で、学ぶことができます。
科目名 内容
言語知識 (1)文法 日本人のように適切に日本語が使えるように、上級までに学習した表現(例:~しようと思う-~するつもりだ)を、正確に使うだけでなく、それぞれの表現の持つニュアンスを理解して、適切に使い分ける練習をします。
(2)文字・語彙 日本人のように適切に日本語が使えるように、N1・N2レベルの漢字語彙(例:改善-改良)を、それぞれの表現の持つニュアンスを理解して、適切に使い分ける練習をします。
技能 (3)聴解 日本人のように流暢に日本語が使えるように、社会問題についてのニュース等を聞いて理解し、要約する練習をします。
(4)読解 日本人のように流暢に日本語が使えるように、新聞や雑誌の記事・エッセイ等を読んで、よく使われる語彙・表現と、時事問題の背景を学習します。
(5)会話 日本人のように適切に日本語が使えるように、相手との人間関係に応じて、適切なスピーチスタイル(例:敬語、くだけた話し言葉)を使い分けること、相手の気持ちを害さないように話す話し方(例:相手の意見を尊重した反論の仕方)の練習をします。
また、日本人のように流暢に日本語が使えるように、グループで取り組むタスクや、プレゼンテーションを通して、大量に日本語を話す練習をします。
その他 (6)検定対策講座 日本語能力試験で高得点を取るために、練習問題に取り組み、試験の傾向を知るとともに、問題を効率よく的確に解くコツを掴みます。
(7)社会
(マナー・一般常識)
日本人の感覚を理解するために、一般的な常識について学習し、マナーを身につけます。
(8)文化事情 日本人の感覚を理解するために、ことばの背景にある文化・習慣を学習します。

 


読解 読解 文法 聴解 検定対策講座
会話 文字・語彙 社会
(マナー・一般常識)
文化事情 会話
電話番号06-6532-7480 お問い合わせはこちら
ページトップへ