よくあるご質問


入学案内関連

Q:在留資格取得の方法がわからないのですが、指導してもらえるのでしょうか?

A:J国際学院は日本語教育振興協会の認定を受けた日本語学校です。在留資格の取得、在留資格の変更等の諸手続きに関する指導、代行を行っていますので、安心して申請していただけます。

Q:高校卒業検定試験に合格した人も申請できますか?

A:高校卒業検定の合格者は、高校卒業と同等の学歴とみなされます。申請は可能です

Q:日本語をうまく話せません。個人で申請することができますか?

A:学校には韓国語・中国語・英語・ベトナム語が話せるスタッフがおります。質問や相談はもちろん、申請の手続きをスムーズに行えるように本人と話し合いながらサポートします。

経費支弁者資格と必要な書類は何ですか?

A:経費支弁者とは、学生が日本に滞在期間中の学費や生活費など全ての経費を負担する者のことを言います。学生の両親が支弁者となる場合が殆どです。資格としては、諸経費を負担し得る支弁能力を有することですが、それら立証資料として、在職証明書(経営者は事業証明書のコピー)、残高証明書(300万円以上又は300万円相当の自国の通貨)および収入証明書を提出して頂く必要があります。それ以外にも、納税証明書、資金形成過程説明書や戸籍、住民票等、申請者との関係を証明する公的証明書(原本)等を提出頂く場合もあります。

Q:過去に数回短期で入国したことがありますが、それでも申請はできますか?

A:短期で来日した入国回数や入国目的、滞在期間等によります。詳しくはスタッフまで直接お問合わせください。

Q:短期生として勉強してから本科生になる場合、日本でビザの変更ができますか?

A:日本滞在中に申請結果が発表された場合、入学の諸手続きを済ませれば、在留資格を変更することができます。但し、短期ビザの在留期限内であることなど、いくつかの条件があります。詳しくはスタッフにお問合わせください。

入試案内(進学)関連

Q:日本の大学の願書受付はいつですか?

A:各大学によって異なりますので、教務課へお問い合わせ下さい。

Q:日本留学試験と日本語能力試験の違いは何ですか?

A:日本留学試験は、主に日本で大学に入る学生のための試験で、年に2回、6月と11月に実施されます。日本語能力試験は、日本語の能力を判定する試験です。N5からN1まであり、年に2回、7月と12月に実施されます。N1またはN2を持っていると、大学、専門学校の日本語の試験が免除されることもあります。

Q:日本の大学を受験するための資格は何ですか?

A:学校教育における12年の課程を修了した者及び同等以上の学歴があると認められた者。日本語能力試験のN2以上を取得している者や取得見込みである者。日本留学試験の日本語科目で200点以上を取得している者や取得見込みである者。概ね、上記の中で該当する項目があれば日本の大学を受験する資格があると認められますが、各大学によって条件は異なりますので進学担当者に相談してください。

学院生活関連

Q:日本でアルバイトはできますか?また、どのようなアルバイトがありますか?

A:アルバイトはできます。但し、アルバイトをするには入国管理局の「資格外活動許可書」が必要となります。資格外活動許可書が交付された場合、1週間に28時間以内であれば働くことが認められています。一般的に、スーパー、コンビニ、飲食店等でアルバイトする学生が多いです。また、風俗営業や風俗関連営業が行われる場所でのアルバイトは禁止されています。

Q:住む場所はどのように探せばいいですか?

A:当学院では学校から近い場所に多数の物件を確保し、寮として使っています。入国時、日本に親戚や友人がいない場合、個人で探すのは難しいので、入寮することをお勧めします。日本語が少し上達して、日本の生活にある程度慣れたら、不動産仲介業者を通して自分の条件に合う物件を探すことができると思いますが、敷金、保証金、在日保証人を求められる場合も多いので、内容をよく確認するようにして下さい。学校と業務提携している不動産会社を紹介することも可能ですので、相談するようにして下さい。

Q:日本で病気やケガをした場合どうすればいいですか?

A:当学院のグループの『れんげメディカルクリニック』において病気やケガをしたら、すぐに治療を受けることができます。そして、年に1回健康診断を行い、きめ細かい健康管理を行っていますので、安心して日本での留学生活を送ることができます。

Q:Wi-fiは利用できますか?

A:当学院は、1Fフリールームと2F受付でWi-fiが利用出来るようになっています。

Q:奨学金の制度はありますか?

A:はい。詳しくはこちらをご覧下さい。

Q:日本語学校にいる間に、日本語以外に勉強できるものがありますか?

A:当学院では、福祉および実用日本語の講座(1月期)や、校外学習(年2回)で日本の工場を見学したり、日本文化に触れたり、多くのことを感じとり学んでもらえるようにしています。他にも、「J夢現塾」という留学試験対策講座もあり、英語、数学及び総合科目等、大学進学のために必要な授業も受けられます(別途料金必要)。

電話番号06-6532-7480 お問い合わせはこちら
ページトップへ